水の確保の為にも保存水

非常事態の時にはとにかく、水が重要に成るのは誰しもが分かるのではないでしょうか。だから、防災対策の為にきちんと水を用意している方も多いかもしれません。でも、ちょっと待って下さい。その水は本当に何年も保つような物になっているでしょうか。例えば水を購入していたとしても、いざという時に、飲めない水ならばそれは意味が無くなってしまいますよね。だからこそ気を付けなければならないのです。その場合にとても良いのは保存水ではないでしょうか。このような保存水は保存期間が長いのが特徴でしょう。だからといって、賞味期限が無いという訳ではありません。だから、こういった水は定期的にチェックをする事が重要ではないでしょうか。そして、もし、賞味期限を超えているのならばちゃんと買い換えていく事が重要だと思います。水の確保は大切でしょう。

災害に備える保存水の選び方

最近、地震や台風など未曾有の災害がテレビで報道される事が増えてきました。災害の規模にもよりますが、災害が広範囲ですぐに救援物資が届かない時を考えて個人でも最小限の対策をしましょう。その中でも水の確保は大切です。一人1日2Lは必要です。最低3日間の6Lは用意しておきましょう。家族が多い場合は人数×6L必要になります。普段から水を購入したりウォーターサーバーを利用していると、必要量をいつも確保しておけばいいでしょう。しかし、普段から水を購入していない家庭は普通のペットボトル入りのお水を用意しておくと、あっという間に期限が切れてしまいます。そんな時は長期保存可能な保存水を用意しましょう。5年の保存期間の水は良く知られていますが、今は期限が10年もある水もあります。家庭での普段の水の使用量に応じて、保存するお水を賢く選びましょう。

防災対策として用意しておきたい保存水

私は東日本大震災を経験し、そのことから次にまたいつ震災などが起こっても慌てずに対処出来るようにと少しずつ防災対策に役立つ商品をネット通販で購入しています。懐中電灯、携帯食料、圧縮毛布、そして最近では五年という長い期間保存できる保存水をケースで購入しました。東日本大震災のときは、地震後数日スーパーやコンビニから水がなくなり、本当に困り、そしてそのことにとても慌ててしまいました。そういったことからこういった長期保存が可能な水が家にあると何かあった際に役立つと思い購入しました。飲み水としてだけではなく、怪我をした場合のすすぎなどにも利用できるので用意しておくにこしたことはありません。私はこれからもいつ訪れるかわからない災害に備え少しずつですが、ネット通販を利用し防災に役立つ商品を用意していこうと思っています。