諦めないでドレス、最高の思い出結婚写真

結婚式、特に披露宴は、結婚の報告であると同時に、当事者、特に花嫁にとっては最高に輝く時です。そして人生において数少ない自分自身をアピールする時でもあります。そんな素敵な日を残して置けるのが、結婚写真です。記念写真でもありますが、先に書いたように、結婚写真はその中でも上位に入るくらい貴重なものです。私の結婚が決まった時、料金のことも然ることながら、やはり、女ですから主役になったつもりで料理、引き出物、衣装の打ち合わせを重ねました。金額には制限があるものの、我が侭は言ってみるものです。言って駄目なら仕方ないですが、とにかくドレスもどんどん試着してみると良いと思います。私は、体格が良かったこともあって、初めのうちは衣装にも限りがありましたが、着てみたいドレスがあると、背中のファスナーが締まらなくても試着させてもらいました。

結婚写真の写りや、似合う色や似合わない色、写りの良いもの良くないもの、自分の目で確かめました。白のドレスは清楚のようで、似合う似合わないがあります。私の場合、白色は着物の方に回しました。ドレスは色物にして、ピンク、紫、ブルー、赤、色々着て見ました。式場はとても親切で、試着ごとにインスタントカメラで撮影してくれました。なので、結婚写真での写り具合はその写真で確認することができたのです。私は、初めのドレスの試着時、特にこれという物はなかったのですが、着られないものも含め気になるものを見つけてから、結婚式に向けて通っていたスポーツクラブでのトレーニングにいっそう力が入り、自分自身のダイエット成功へのきっかけにもなったので、結婚式前のドレス選びは、なかなか良いものだと思います。私のダイエットも順調に進み、しばらくして再度衣装合わせに行った時、2サイズ下の衣装が選べることになり、最新のブルーのドレスを薦められました。とても素敵な衣装でダイエットの成功と新しい衣装が着られたこと、それが私好みであったこと、幸せに思いました。もちろん初め背中のファスナーが締まらなかった衣装もしっかり締まるようになり、生まれてこの日まで一度も着たことのない衣装に身をまとい、幸せな気分に浸りました。

そして、結婚式当日は、実の弟が横をすれ違っても気づかないくらいに変身した私は、最高に幸せな気分で記念の結婚写真を撮ってもらったのです。衣装選びは諦めてはいけません。自分自身にとっても最高の一日になるのです。諦めないで、一生の記念になる結婚写真を撮ってもらってください。。